告知イベント案内(参加申込書ダウンロード)

2017年3月28日 (火)

哲学カフェ 6月28日㈬のテーマ「聞くとは何か?」

Img_20170328_6293a

Dscn7534_22946a

チラシ出来!

6月28日㈬参加申込書☛「629.3.27.pdf」をダウンロード

Dscn7896_22951s

明鏡国語辞典より

聞く・聴く→音・声を耳で感じとる。

「聞」は広く一般に使う

「聴」は注意深く耳を傾ける意で使われるが謹聴する様子が明らかな場合(耳を澄まして

聞く・いいかよく聞け)や使役の場合(ご意見をお聞かせください)などふぁはむしろ「聞」一

般的。

コメント⇒志田 米蔵

対話された内容報告

・おしゃべりの方が楽です。聞く方が難しい

・そんなことを言ったらだめだよとつい否定語を言ってしまう。

・人の話を聞く余裕がなくなっていているが、音楽はよく聞く。

・最近の音楽はテンポが速くて聞けないことが多い。

・スポーツで発散している。ストレスがない。

・レストランへ行っても女性はよくしゃべる。

・男は決着をつけなけれbならない。

・ラインを引いている(腹が立つことに対して)

・極限状態(例えば生死の境)なったときそばに聞いてくれる人がいるとありがたい。

・聞くという事は知ること

・カウンセリングとは相手に答えを出すように導いていく。

・全く話さない人の話を聴くのは大変むつかしい。にらみ合いが何分も続く状態はつらい。

・懺悔⇒罪を悔い改める。

・男はストレスを」ためています。

・「いとまごい」人生最後になると昔親しかった人に話したくなるようだ。よく電話がかかって

 きて昔話に花が咲くが一年も経つと亡くなっていることがある。

・何もないのが良い便りですね。

・聞く耳持たぬ頑固おやじ。

・人の話を素直に聞ける人はそれだけ人徳があると言える。そんな人は家庭内がきっとうま  

 くいく。

・寛容力と抱擁力

・愛情があればよい。

・空耳・・・。

・男と女では違う、お互いに助け合った裏づけがあるから。

・キャッチボールだ。聞く、しゃべる人がいて価値観レベルが共通項が必要。

・講演会には出ない。

・ブログなどで自慢をして自分の存在感を確かめたいという人もいる。

・現代は孤独できちんと人としゃべる機会がない。

・手紙を書いている(手書きで)はがきに心が添えられるようだ。

・手紙を書くようにしている。

・傾聴サークルはかなりな人がやっている、例えば看護婦長をしていたとか

 愚痴を聞く、相手の気持ちを察して聞く。

 聞くは難しい。

・聞く方にゆとりがないと本当の話は聞けない。

・昔話を思い出して

・親父の友だちとのおしゃべりを傍で聞いていて(私が子供の頃)同じ話の繰り返ししてい  

 る。

 共有したい 同じ経験があるから話がいつまでたっても飽きない。

 例えば「風呂の水を飲んだな~」「そ~だったな~」

・戦争の事は上から口止めされているから話さない、終戦後になっても警察官が調べに  

 やってきた。

・傾聴で2時間だんまりの人がいたが、また後日リクエストが入って「あの人が良いので

 もう一度来てくれ」と頼まれた。

・ポジティブに過ごす。

・人に聞いてほしい。信頼がないと本当の事はしゃべれない。

・人から信頼されていないと・・・

 老舗は婿養子の方がうまくいっている。息子に跡を継がせるとたいがいは閉店に

 追い込まれている。

・日本語は難しい。

・英語はストレートに言う。

・がんの告知は言わない方が良いのかな?

・しゃべるより聞く方が難しい。

・音楽をやるが、酒はやらない。たばこもやらない。なので友は疎遠になる。

・最近一番街が寂しくなったよ。

・中町、北町、と歓楽街が時代と共に変わっていった。今は諏訪になっている。

文責 志田 米蔵

アンケートより

・人は孤独な生き物。誰かと話したい。聞くことは自分が成長するという意見が

 収穫かな

・聞くことについて専門以外の処方箋がなかった。聞く力とは愛なのか?

聞くとは何?「62829.8.22.pdf」をダウンロード

2017年2月21日 (火)

2月のご案内

Dscn2622_28224

                     侘助椿

平成29年2月22日㈬13:30~15:30 四日市市本町 四日市市男女参画センター3階

企画室にて開催  テーマ「成長とは何か?」

2017年2月18日 (土)

4月のチラシが出来ました。

29217a

4月のチラシですダウンロード「井戸端人生カフェ」→「429.2.14白黒.pdf」をダウンロード

2017年2月 7日 (火)

津で哲学カフェ開催

Img_20170131_0001_2
哲学カフェ
2017年3月7日㈫
17:00~19:00
アスト津 4階 アストプラザ和室
早川 正祐 (三重県立看護大学 教員)
今回は「話すってどういうこと?」
 
 

2016年12月31日 (土)

2月のチラシ出来!

Dscn6644_2281230a
 
募集チラシの印刷ができました 。 テーマは「成長とは何か?」
今回は少し少なくして400枚にしました。1月からの仕事です。
皆さんのお近くに市民センターに配ります。

2016年11月18日 (金)

四日市市広報紙ミニ情報に掲載される

20161118_

2016年9月10日 (土)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn5082_2
 
定年後、人生後半の生き方をじっくり考えてみましょう。「井戸端人生カフェ」はシニアの人生についてみんなで考えるゆる~いてつがくカフェです。皆さんの体験事例を交えて考えていきます。但し、哲学の専門知識を披露する場ではありません。参加者どうし自分のことばで対話の場を楽しみましょう。日常のちょっとした疑問(はてな?)を深く掘り下げて考えてみましょう。
 
日   時 偶数月第4水曜日午後1時30分から3時30分 平成28年10月26日㈬より
場   所 四日市市本町9-8本町プラザ3F「はもりあ四日市」企画室 
       定員12名(申し込み順)
費   用 無料
募集対象 シニア世代であればどなたでも参加可 事前申込必要 お茶をご持参ください
申込・問い合わせ先 志田まで→☎FAX059-346-2903
内   容 毎回テーマを決めて対話をします。10月のテーマは「幸福とは何か?」 
シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」参加申込書 して「a_28.9.22白黒10月分B - コピー.pdf」をダウンロード
下さい。
 
↓申し込みは参加申込書をダウンロードしてFAX、あるいは直接コメントからお願いします。
無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック