トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月28日 (水)

第1回 テーマ 幸福とは何か? 平成28年10月26日㈬

20160928_10
第1回 テーマ 幸福とは何か?

2016年9月27日 (火)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

こどものための哲学
 
NHK2でやっているこどものための哲学です。

2016年9月26日 (月)

平成28年10月26日㈬のテーマ

Dscn5535_2_28926

10月のテーマ

幸福とは何か?

幸福の基準というのは人それぞれですよね。

皆さんは具体的にどのような時に幸福を感

じますか?

私は何といっても料理を作って家人に花丸の

評価を受けたときです。

所で、ブータンは幸福度が一番高い国ですね。

どうやら経済開発(経済も大切ですが)だけが唯一

の価値ではなさそうです。幸福は人さまざまです

からスタートから面白い哲学カフェが期待できそ

うです。

<<世話人>> 志田 米蔵

 

2016年9月25日 (日)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn5529_2_28925

2016年7月10日中日新聞 小中学生版 16面より引用

3、おすすめ

絵本を読んで考えよう

名古屋市中区の喫茶店で六月に開かれた哲学カフェ

に参加しました。「ボランティアは誰のためか?」

をテーマに、大学生からお年寄りまで十三人が

意見を交わしました。「人のため」というイメージ

があるボランティアですが、「自分のため」でも

いいのでは?との意見が」「いい人じゃないといけ

ないなら、いろんな人を排除してしまう」と語る人

もいて、二時間ほどでさまざまな考えが出ました。

でも、簡単に哲学の対話ができるわけではありません。

そこで大阪大の本間さんに一人でもできる哲学の

方法を聞くと「日記を書いてみよう」と教えてくれました。

「ずっと疑問に思っていたこと」「驚いたこと」などのテーマ

で少しずつ書きながら自分と対話してみましょう。

また子供の哲学の授業で使う絵本を三点教えて

くれました。アメリカの絵本作家アーノルド・ローベル

の「ふたりはともだち」「ふたりはいつも」「ふたりはきょうも」

(いずれも文化出版局)。それぞれ「かえるくん」と「がまくん」

のユーモラスなよりとりから友達とのつながりや心の

動きについて考えを深める内容になっています。

「何かにつまずいていることがあっても、考えを

巡らせることで、前に進めることがあるかも」と本間さん

いろいろ悩むことは「哲学」の入り口ともいえます。・・・

 

▼実際に私は名古屋の喫茶店に行きました。そこでの

体験はとても新鮮で面白いものでした。何かしらテーマ

を自分なりに論ずることができたのを覚えています。

全くの見ず知らずの人たちに言葉を発するのはすこし

勇気のいることですが、これが対話というものかと勉強に

なりました。只時間が足りなくて心の中のもやもや感が

残ったのが印象的でした。いい体験でした。

<<世話人>> 志田 米蔵

2016年9月24日 (土)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn550228924

「哲学」をもっと身近に

中日新聞 2016年7月10日 小中学生版 16面より引用

2、問答重ね

対話で自分をより知る

名古屋で哲学カフェを4年前から開く椙山j女学園

大准教授の三浦隆宏さん(40)は「もともと哲学は

対話を通じて考えを深めていくものだったのですよ」

と話します。約2500年前の古代ギリシャの哲学者

ソクラテスは、街の人々とたくさん話をしたことで

知られています。問答を重ねて「自分は知らない」

ことを「知っている」という無知の自覚をし、だからこそ

知を愛し求めることが大切と考えました。

人間である以上、考えずに生きていく事は出来ません。

でも自分自身が何を考えているのかは意外に分か

らないもの。他の人たちと語らう事によって、かえっ

て気づくことがあります。三浦さんは「対話によって

自分のことをより知ることができるんですよ」

と話します。

2011年の東日本大震災で原子力発電所の事故

が起き「科学の進歩」に疑問が投げかけられたように

現代の社会は、すぐには答えが見つからない

難問がいっぱいです。「話したいけど場所がなくて」。

そんな理由から哲学カフェに参加する人が多いそうです。

哲学カフェは、名古屋や大阪、東京など各地に広がって

います。・・・

 

▼なかなか疑問があっても身近に対話をする場所も

人もいません。又一人で考えていても埒があきません。

初対面の人と対話をするのはちょっと勇気が入り

ますがすぐに慣れて打ち解けます。熱い対話で

脳の活性化を図りましょう。

<<世話人>> 志田 米蔵

2016年9月23日 (金)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn548028923

2016年7月10日(日曜日)中日新聞(小中学生)16

1、語り合う

街の中に「哲学カフェ」を

・・・大阪大学准教授の本間直樹さん(46)は、小学校

や高校の授業で哲学をテーマに対話する「子どもの

哲学」を展開しています。「運動会には全員参加しな

いといけないの?」「なぜ順位をつけるの?」など、

クラスみんなで、ふだんから疑問に感じていることを

出し合います。

白か黒かの決着をつける「討論」とは違い、賛成・

反対抜きに、自由に考えを語り合います。こうした

取り組みは、本間さんが考える「哲学」そのもの。

子供は大人より自由に語り合えるので、本間さんは

「子供の方がむしろ哲学は得意です」と話します。

ヨーロッパなどの偉い学者が書いた難しい本を

翻訳し、理解することに偏りがちな日本の哲学

を、もっと社会の中に生かせないかー。そんな考えを

抱いた本間さんら大阪大の研究者らが動き出しました。

街中でコーヒーを飲みながら語り合う「哲学カフェ」

もその一つです。

中日新聞 日曜版より引用

 

2016年9月22日 (木)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn5476_2_28922

20160922_10

「井戸端人生カフェ」チラシ10月分のPDF↓

「a_28.9.22白黒10月分B - コピー.pdf」をダウンロード

説明文をよりわかりやすく変えてみました。

てつがくカフェというのが理解されにくいよ

うです。なので文字数も増やしてより丁寧な

文章にしました。

 

定年後、人生後半の生き方をじっくり考えてみましょう。「井戸端人生カフェ」はシニアの人

生についてみんなで考えるゆる~いてつがくです。皆さんの体験事例を交えて考えていき

ます。但し、哲学の専門知識を披露する場ではありません。また哲学者の学習会でもあり

ません。参加者どうし自分のことばで対話の場を楽しみましょう。日ごろのちょっとした疑問

(はてな?)を深く掘り下げて考えてみましょう。

20160928_10_2

 

<<世話人>>  志田 米蔵

2016年9月21日 (水)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn5459_28921

20160921_

はもりあ8月号の四日市市男女共同参画センターだより

の登録グループ紹介欄にシニアノのしゃべり場

「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくが掲載されました。

定年後の生き方をじっくり考えてみましょう。

10月のテーマは「幸福とは何か?」です。

ご参加お待ちしています。

<<世話人>> 志田 米蔵

 

 

2016年9月20日 (火)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn533828920

Img_20160920_0001

四日市市広報にシニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」

ゆる~いてつがくですの募集記事 が掲載されました。

やはり広報は配布されるのが全戸なので反応がありま

した。ありがたいことです。

 

2016年9月19日 (月)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn544728919

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」

コンセプト・お約束事

お約束

・発言してもしなくても自由です。

・発言するときは、自分の思う事を、自分の言葉で簡潔に話しましょう

・他の人の発言をしっかり聞いてから、次の発言をしましょう。

お断り

・宗教、ビジネス等の勧誘目的の方は参加をご遠慮ください。

(そのような行為が見受けられた場合は、以降の参加はご遠慮願います。

大切にしたいもの

それは、哲学的な"対話"を行う場です。

では、哲学的な"対話"とはいったいなんでしょうか。

てつがくカフェは、「頭の良さを争う場」ではありません。

自分の思想・信条を一方的にぶつける場でもなければ、

相手に勝つことを目的とするディベートの場でもありません。

あるテーマについて、

相手の話にじっと耳を傾け、

自分の中から出てくる言葉を簡潔に伝える、

分からないことがあれば納得がいくまで質問する。

それを繰り返す。

その先で、そのテーマについて少しでも考えが深まれば、

それが哲学的な"対話"と言えるのではないかと、私たちは考えます。

「もやもやを持ち帰ってください」と、いつも、私たちは言います。

「井戸端人生カフェ」で行われる対話が正しいとは限りませんし、

ひょっとすると意味がないかもしれません。

ただ、てつがくカフェの対話から生まれたもやもやをお持ち帰りいただき

参加者の皆さんそれぞれが、

ご自分なりの答えを見つけるヒントになればうれしいです。

鹿児島哲学カフェさんより参考にさせていただきました。

2016年9月18日 (日)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn5444_28918

募集チラシに携帯URLを付けました。↓

「a_28.9.18白黒10月分B.pdf」をダウンロード

よくわかりませんが、携帯からブログが見れる

のでしょうか?どなたか教えてください。

Dscn5445_3_28918

哲学カフェのつくりかた

鷲田 清一監修 カフェフィロ編 大阪大学出版会

対話とは

合意よりも、問題の所在を探ること、問いが書き

換えられていくプロセスそのものをシェアすること。

            鷲田清一(監修の言葉より)

とても分かりやすく書いてあります。初心者用には

ぴったりの入門書です。不安の払しょくには最適です。

1、哲学カフェって何?から始まって

23、必ず1回で終わらなければならないの?

とか、疑問が解けていく感じです。熟読しよう。

 

 

2016年9月17日 (土)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn5436_28917
 
Dscn5434_2_28917
 
テーブル上のニックネームプレートを作ってみました。
これが以外に傍から見やすいんです。真横の人でも
楽に見えます。横置きのプレートは意外に真横の人
の名札は見えませんね。
 

2016年9月16日 (金)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn5402_28916
 
10月のテーマ「幸福とは何か?」
 
シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくです。
 
Images
 
「井戸端人生カフェ」の進め方
 
1、珈琲やお茶の前の自由と平等、対等な立場で話し合ってください。
 
  ①参加者の中に〈先輩・後輩)(上司と部下)(教員と教え子)など上下関係があったとし  
   ても 、この場では、対等な参加者同士です。お互いに「○○さん」とかニックネームで
   呼び合ってください。
 
  ②いわゆる「哲学」の専門知識を披露する場ではありません。参加者どうしの対等な対        
   話のための場にしていきましょう。
 
2、対話のためのルール
 
  ①他の参加者の意見を最後まで聴いてください。そして正確に理解するように努めま
   しょう。
 
  ②話すときはできるだけ簡潔にわかりやすくまとめて話してください。
 
  ③他の人の意見と無関係に話すのではなく関連させながら話すようにしましょう。
 
  ④同意できない意見があったら、ぜひ質問してみましょう。相手を拒絶したり人格を否定
   したりしてはいけません。自分の意見との違いや自分の考えの偏り(かたより)を知る
   チャンスです。
3、ファシリテーター(進行役)の役目とは?
  参加者の対話が活性化するようにお手伝いをすること
  ①参加者全員ができるだけ対話に参加できるように気を配ります。
  ②皆さんの対話がかみ合うよう議論を整理することがあります。
  ③ファシリテーター(進行役)が自分の意見や知識を押し付けたりすることはありませ
   ん。
4、解散後も考え続けましょう。
  ①この場だけでなく、考え続けた対話を思い返して思考を深めてみましょう。
 
てつがくカフェ@あいづさんを参考にさせていただきました。
 
Dscn5082_2
 
四日市市男女共同参画センター はもりあ四日市  3階 企画室にて開催!!
 
駐車場のご案内
 
本町プラザ駐車場は無料です
 
車高が155㎝(車検証)以上の場合は「市営中央駐車場」をご利用ください。
20160917_ クリックしてください。 画面が拡大します。
 
「井戸端人生カフェ」参加申込書 28.9.16白黒.pdf」をダウンロード  クリックしてください。
 
<<世話人>> 志田 米蔵

2016年9月15日 (木)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn5383_28915
 
10月のテーマ「幸福とは何か?」
 
シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。
 
◎目的・趣旨
 
 シニアのしゃべり場「井戸端人生カフエ」は日ごろのちょっとした疑問を深く掘り下げて考   
 えます。一人で考えるより、みんなで考えるほうがより参考になります。またシニア世代の
 経験豊富な人の体験談は聞いていても面白いものです。これからの充実した人生を送る   
 ヒントが得られると思います。その人らしい話を聴きたいと思っています。いろいろな人の
 考え方はそれぞれ違っていてとても興味深いことです。知性と感性の両方のバランスで
 楽しめる場があればいいと思っています。真面目にかつ楽しい時間を過ごしてみません
 か。
 
◎内容
 
 各回、テーマを決めて、テーマについて対話する会です。「私」にとってという観点から、各
 自の体験や経験事例(エピソード)を交えて考えていきます。ただし難しい話はしない。特  
 定の政治・宗教・営利に関するものでもありません。お気軽にご参加ください。
 (テーマの例)「幸福とは何か?」 「男と女の違いとは?」
 
◎参加者 シニアであればどなたでも参加可。
 
◎定 員  12名
 
◎参加費 無料
 
◎場 所 四日市市男女共同参画センター3階 はもりあ四日市 企画室 自分の飲み物   
      はご持参ください。
 
参加申し込み書「28.8.3白黒.pdf」をダウンロード クリックしてください
 
<<世話人>> 志田 米蔵

2016年9月14日 (水)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn5211_2_2892a

10月のテーマ「幸福とは何か?」

先日ようやく500枚のチラシを全部配布しました。

男女共同参画登録グループの表示が功を奏して

それが一行入っていると気持ちよく受け取って

(地区市民センターさん)いただけました。これだけ

(500枚)の量であれば4回位のペースで日にち

を掛ければ無理せずに配布することができます。

これからてつがくカフェ@ふくしま様のブログを手本

にさせてもらって拙ブログの体裁を逐次整えてい

きたいと思います。

宜しくお願い申し上げます。

<<世話人>> 志田 米蔵

 

2016年9月13日 (火)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn52172892a
 
10月のテーマ「幸福とは何か?」
 
提案趣旨
 
幸福は人類の永遠のテーマです。幸福感は人それぞれです。
また年齢、男女でも感じ方は違ってきます。ブータンの
ワンチュク国王は国民総幸福量(精神的豊かさ)を提唱しています。
皆さんはどういう時に幸福を感じますか。
 
 
お茶を飲みながら聞いているだけででも結構です。
飲まずに聞いているだけでも結構です。
通りすがりに一言発して立ち去るのも結構です。
分かり切っているようで実はよくわからないことがたくさんあります。
是非皆さんで、額を寄せ合い、語りあってみましょう。

2016年9月11日 (日)

平成28年10月26日㈬のテーマ

Dscn5337_28911

10月のテーマ「幸福とは何か?」

Img_20160911_

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ポスター

ポスターをワンクリックすると大きくなります。

 

2016年9月10日 (土)

シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」ゆる~いてつがくカフェです。

Dscn5082_2
 
定年後、人生後半の生き方をじっくり考えてみましょう。「井戸端人生カフェ」はシニアの人生についてみんなで考えるゆる~いてつがくカフェです。皆さんの体験事例を交えて考えていきます。但し、哲学の専門知識を披露する場ではありません。参加者どうし自分のことばで対話の場を楽しみましょう。日常のちょっとした疑問(はてな?)を深く掘り下げて考えてみましょう。
 
日   時 偶数月第4水曜日午後1時30分から3時30分 平成28年10月26日㈬より
場   所 四日市市本町9-8本町プラザ3F「はもりあ四日市」企画室 
       定員12名(申し込み順)
費   用 無料
募集対象 シニア世代であればどなたでも参加可 事前申込必要 お茶をご持参ください
申込・問い合わせ先 志田まで→☎FAX059-346-2903
内   容 毎回テーマを決めて対話をします。10月のテーマは「幸福とは何か?」 
シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」参加申込書 して「a_28.9.22白黒10月分B - コピー.pdf」をダウンロード
下さい。
 
↓申し込みは参加申込書をダウンロードしてFAX、あるいは直接コメントからお願いします。

トップページ | 2016年10月 »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

てつがくカフェ@ふくしま

philosophy愛知