2018年1月12日 (金)

2月28日㈬ 第9回 テーマ 「努力とは何か?」

Img_20180112_00012

申込書ダウンロード⇒「2018.2月シニアのしゃべり場井戸端人生哲学カフェ募集チラシ白黒30.1.10第9回.pdf」をダウンロード

Dscn9963_230114d

Dscn0163_23028c

チラシ配布完了!

新聞の投稿欄に自分はいくら努力をしても勝てません。一生懸命練習をします。

でも部活を休んだりする人が大会では好成績を取ります。その人にはいつも勝てません。

本当に悔しくてつらいです。どうすればいいのかわかりません。でもあきらめたくはありま

せん。いつかは勝ちたいと思っています。

 

上記の発言に対して・・・剣道をやっていた人の意見は、3年間で得たものはあきらめずに

やり切った経験です。その経験は自分に負けそうな時「諦めてたまるか!」というエネ

ルギーとなって自分の心をささえてくれます。人生であなたの心を支えてくれるはずです。

 

皆さんはどう思われますか?今回は努力とは何か?を考えてみたいと思います。

2017年11月17日 (金)

哲学カフェ 12月27日㈬のテーマ「時間とは何か?」

Img_20171113_0001
Dscn0193_2291111g
チラシ出来!
Dscn0220_2291112j
 
テーマ 「時間とは何か?」
思いついたのが、浦島太郎のおとぎ話です。子供の頃に紙芝居かなにかで見た記憶が
かすかにあります。そこで図書館に行って本を借りてきて改めて読んでみると当時の記
憶とはかなり違うような内容です。
 
釣りに出かけた浦島太郎は釣り糸にかかった大きな亀を助けてあげました。そこに一艘の小舟が表れて浦島太郎を竜宮城に案内します。美しい乙姫様に美味しいごちそう。あまりの楽しさに三年もの月日がたって・・・・
 
というあらすじですが、私の記憶では浜を歩いていた浦島太郎が浜に上がった大きなかめをいじめていた子供たちをたしなめて海に逃がしてやった。ある日浜に行くと以前の亀がお礼に竜宮城へ行きましょう。亀にまたがって竜宮城へと行った太郎は乙姫様の歓待を受けて3年の月日を送った。里心のついた太郎はお土産に姫からもらった玉手箱を携えて故郷に帰ったが以前の村の様子がすっかり変わっていて見知らぬ人ばかりであまりの寂しさに玉手箱をあけるとけむりがでてあっという間に太郎はおじいさんになった。というのが記憶にある浦島太郎です。童謡と同じですね。そこから時間の大切さを学んだような気がします。
 
,今回のアイスブレークは子供の頃の正月の遊びについてです。
元旦に凧揚げをして糸を止めてなかったので空高く飛んで行った 志の田
毬つき ゴム飛び ふみちゃん
竹スキー 福笑い しまちゃん
コマ回し 川遊び プール シャバーニ
三角ベース ドッジボール どんま ひさ
お餅を食べた 4個 どぶろく 竹ちゃん
 
時間とは何か? 就寝時間の事から話が始まった。
・日付けが変わるまでには寝たい 朝6時に起きる 昼寝もする いつも1時に寝て8時に
 起きる
・7時には寝る。早く寝すぎて11時30分には起きてしまう。朝起きておかゆを食べる。
・80歳まで働きたい
・中国では地下鉄を利用して宅配便のアルバイトをやっている。(無料パスを使って)
 手で荷物を運んでいる。
・機械が働いて、人間が働かない
・今ある姿は5年前の自分だ。そして5年後の姿は今の自分だ。
・これからは1人で4人ささえる時代になる。生きる時間を神様からいただいた。
 しんどい思いをしたのが良かった。
・人間はプラスマイナス零だ。
・インドではカーストで苦しんでいる人がいる。差が出る。
・動物は今を生きている。人間は夢を見ることができる。象は100年ハツカネズミは短い。
 タイムマシンはできない。大人の時間は少ない。子供は時間が多い。
・この世で一番早いのは光だが、人間の想像力はもっと早い。
・いるかも考えている
・考えるのは人間だけだ。
・これからどれだけ生きるかが問題だ。
・山田風太郎は残りの食事が何日束られるか考えたら、あと約5万回残っている。
・映画館のチケットも最近は自動になっている。
・切符を買うのが苦手だ。
・車も自動運転になる。
・運転免許証の返還が嫌だ。
・道路で逆走しそうになった。
・ 講座に参加しているときが幸せな時だ。
・主人が数学をやっていた。私が30半ばから空気が読めなくて怒られてばかりだった。
 私は働かない方が良いと思う。方向音痴なので2歳児と同じくらい多動性だ。
・子供叱るな来た道じゃ、老人笑うな行く道じゃ。
・記憶力が悪くなった。
・子供を叱らないでおこう。
・車に乗れる女性がカッコよく思う。(自分がペーパードライバーなので)
・3年日記をつけている。
 
 
アンケート結果
ふみちゃん
 満足度 満足
 発言のしやすさ しやすかった
自由記載
 各人の性格(考え方)が面白いと思った日でした。日常人の話をじっくり聞くことがないの
 で「人生カフェ」の時間はとにかく面白い。
 
竹ちゃん
 満足度 どちらでもない
 発言のしやすさ しやすかった
 井戸端人生カフェをどこで知りましたか 地区市民センター
 参加理由 井戸端人生カフェという名前にひかれました。
自由記載
 今日は他にもすることが多い中での参加で時期的に春とか・・・満足ができたと思います
 次回楽しみにしております。(テーマがあって話すのはよかった)
 
シャバーニ
 満足度 満足
 発言のしやすさ しやすかった
自由記載
 コンセプトに沿って皆が自由に発言できるのは大変評価で北。次回以降も参加したいと
 思っています。
 
ひさ
 満足度 満足
 発言のしやすさ しやすかった
自由記載
 今回のテーマはいいテーマなのですが、とりあえずの結論にも至れませんでした。
 難しい。
 
しまちゃん
 満足度 満足
 発言のしやすさ しやすかった
自由記載
 時間とは時代世相もある。
 
マコ
 満足度 満足
 発言のしやすさ 満足
自由記載
 心の流れるままに暮らしていることを新年どう切り替えるか(目標を立てる)考えたいと
 思いました。
 
文責 志田 米蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年10月23日 (月)

哲学カフェ:本編

https://www.youtube.com/watch?time_continue=116&v=nYauKie-1E0

↑をクリックしてみてください。わかりやすいてつがくカフェの内容が

見れます。

2017年8月 7日 (月)

哲学カフェ 10月25日㈬のテーマ「図書館とは何か?」

Img_20170807_201710_2
 
Dscn9586_229831
チラシ出来!
 
Dscn9587_229831a
 
 
Dscn947629830
 
Dscn9987_2291025d
 
Dscn9986_2291025f
 
 
今日のアイスブレークは最近あった失敗談
・散歩中に静電気のせいでデジカメのSDカードが破損してしまった。志の田
・テニスの開始時間、寝過ごしてしまった。クスッコ
・熱中症にかかって苦しんだ。かず
・小学生にあだ名をつけられた。シャバーニ
・給食のあて先を間違えた。しまちゃん
・たくさん失敗してます。ふみちゃん
・ここへ来るときに場所を間違えて図書館に行ってしまった。マコ
・久しぶりに来たので一本道を間違えた。ひさ
 
日本の法律において「図書館」とは図書、記録、その他必要な資料を収集し、整理し
保存して一般公衆の利用に供し、その教養、調査、研究、レクリエーション等に資する
事を目的とする施設で、地方公共団体、日本赤十字社又は、一般社団法人が設置
するもの(学校に付属する図書館又は図書室を除く)をいう。
 
アメリカの図書館協会の定義
図書館とはサービス対象に、物的、書誌的、及び知的なアクセスを提供するために
組織化された資料の集合体で、当該集団の情報ニーズに関するサービスとプログラム
を提供できるように訓練されたスタッフを持つ組織。
 
日本が施設、建物を対象にしているが、アメリカではその組織を図書館と言っているようです。
 
・図書館と図書室の違いについてから対話が始まった。
・合併する前は公民館の中に図書館があった。
・すわ公園の中にも図書館があった。
・現在四日市市の図書館は内装工事に取り掛かっていて約2か月閉館になっている。
・テーマが大きすぎる。
・図書館を利用しているがヒマつぶしに行く。退職後図書館に行こうと思った。
・四日市市では新しく図書館が計画されているが立地が悪い。四日市市の図書館は
 使いにくい。駐車場がない。ゆっくり読むスペースがない。一部の人の専用になっている。
・ヒアリングをやってはいるが
・海山道にある三浜文化会館に図書館をつくったらどうか?
・電子図書は使えるのかについて。
・本の予約はできるの?
・図書館とは本があるところ。
・テレビがみんなの部屋にそれぞれある、図書館で読んで気に入ったら本屋で買う。
 出版文化も考えて、本は本屋で買う。
・図鑑は手元に置く。
・図書館のある町は文化力が高いと思う。
・鈴鹿の図書館でボランティアをやっている。
・図書館の蔵書数 津図書館139万冊職員数78名 四日市市90万冊職員数40名
・四日市市は文化が低い。
・本屋が敵。
・図書館は予算が削りやすい。
・四日市市の図書館の移転は駐車場がネックになっている。
・移動図書館は広報に載っている。
・資料館としての役目がある。
・テープ CD USB 
・点字
・点訳していた、今はタイプになった。電子的なものが開発されると、精神的にダメージを受  
 けるので、図書館はあったほうが良い。
・街に本屋さんがつぶれ、本を読まなくなっている。
・図書館では年配の方が多い、本を読んでいるのかとおもっやら、どうやら暇つぶしらしい。
・高齢者の避難場所だ。
・新図書館にはカフェ、絵本コーナー、子供に読み聞かせ。
・電子化でも本は無くならない。
・鈴鹿市にある喫茶店が本を置いて今話題のツタヤになった。管理上防犯のリスクが大き
 い。
・立ち読みしてもOK。
・アピタを図書館にしたらどうか?
・ビルの上に図書館がある。
・リクエストに関しては電話で注文したら1~2週間で連絡が入る。
・各地区のセンターでもリクエストを受け付けている。但し予算が余っていたら。
・新聞の書評で判断している。
・三重郡の菰野町の図書館ではDVDが借りられる。
・全国ファミリー音楽会を立ち上げたが.、現市長は興味がなさそうだ。
・「四日市の音と風景」 四日市市110周年記念の時にCDができた。全国に発信しました。
 水沢の音を収録しました。
・三浜文化会館でアコーデオンのコンサートをやった。
・図書館は交通の便が良いところが良い。
・図書館は内陸部山の方にあればよい。
 
アンケート結果
 
シャバーニ
 満足度 満足
 発言のしやすさ しやすかった
 
 初参加の方にお伺いします。どこで人生カフェを知りましたか。
 楠図書館
 
 参加理由
 気楽に自分の考えを表現できる会合であると理解したから。
 
 テーマのご希望
 環境(特に近年河川の氾濫の危険度が高まっていることについて)
 
かず
 満足度 満足
 発言のしやすさ 普通
 テーマのご希望
 今の時代はついていけない
 
クスッコ
 満足度 どちらでもない
 
 発言のしやすさ しやすかった
 
自由記載
 図書館はまず「立地」ありきの感が強かった。現在車社会となり駐車場問題が大きく取り
 上げられた。市役所の東側に計画されているようだが、駐車場の確保が不可欠である。
 図書館の利用方法は各人多様であるが、各々が好みに応じて利用すればいいものと
 思われる。「図書館」とは定義が広すぎて絞り切れなかった感がある。
 
マコ
 満足度 満足
 
 発言のしやすさ しやすかった
 
 初参加の方にお伺いします。どこで井戸端カフェを知りましたか。 地区市民センター
 参加理由 好奇心で
 
しまちゃん
 満足度 不満
 
 発言のしやすさ しやすかった
 
 自由記載
  ①図書館の利用度が見えない
  ②新図書館の場所選定、どこがいいのか。
  ③方向がまとまらない。
 
ひさ
 満足度 満足
 
 発言のしやすさ しやすかった
 
 初参加の方のお伺いします。
  どこで井戸端人生カフェを知りましたか? 四日市図書館
 
 参加理由 最近人としゃべっていないので
 
 自由記載
  図書館で希望した本が購入してもらえるのを知り、良かったです。いろんな人の話が
  聞けて。
 
ふみちゃん
 満足度 満足
 
 発言のしやすさ しやすかった
 
 自由記載
  個人個人の意見が聞けて勉強になります。テーマが難しいと思っていましたが、それは
  それで面白かったです。
 
志の田
  現在本市には図書館の移転問題が大きく取りだたされています。いろいろな移転先の
  意見が出ました。例えば、三浜文化会館、アピタ、カフェの併設、DVDの貸出、絵本コー  
  ナー、資料館としての役割、移動図書館、電子図書、老人の避難場所になっている、ビ 
  ルの屋上に作る、ツタヤ方式はどうか、街の本屋さんの閉店等意見噴出でした。
  印象に残ったのが図書館のある町は文化力が高いでした。
 
文責 志田 米蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

哲学カフェ 8月23日㈬のテーマ「ゆとりって何?」

Img_20170807_8
申込書のダウンロード「829.8.7.pdf」をダウンロード
 
Dscn9347_229811a
チラシ出来!
 
Dscn9319_22987
 
Dscn947629830
 
Dscn948229823a
 
テーマ「ゆとりって何?」
 
教育界では詰込みが子供たちにとってかわいそうだと言われて「ゆとり教育」が始まったが
結果として学力低下を招き、また以前の「詰込み教育」に戻ってしまいました。ではゆとりと
は、そもそも何でしょうか。
類語実用辞典三省堂を引くと、余裕がある、余力を残す、余地、余分。
例として、紙の余白、スペース。
明鏡国語辞典では、空間的、時間的、精神的に必要以上の余りがあって、窮屈ではない
こと。
例として「ゆとりのある部屋」「出発時間まではまだゆとりがある」「予算にゆとりがある」
「他人のことを考えるゆとりがない」
現代社会では成果主義が求められてゆとりのない社会と言われています。また企業の
ブラック化が顕著にみられます。ゆとりと成果は相いれないものでしょうか。企業戦士とは
ゆとりとは真逆なのでしょうか。
「ゆとりって何?」皆さんと共に考えていきたいと思います。
 
コメント⇒志田 米蔵
 
H29.8.23㈬ 第6回 シニアのしゃべり場「井戸端人生カフェ」開催!
 
いつも事前にやっているのがアイスブレークと自己紹介です
今回は「好きな食べ物」です。⇒里芋、ピーマン、麺類、あずきバー、イチジク、味噌汁
果物と刺身。時節柄あずきバーが冷凍庫に冷やしてあるとは意表を突かれました。
最初の言葉はハンドルの遊びという切り口で始まりました。ゆとりとは人為的な事かと思ったら以外にハンドルの遊びという機械的なことを提案されました。
 
・ハンドルの遊び
・緩衝をつけるために遊びがある。
・健康とお金があればゆとりが生まれる。
・この年になると健康にも自信がない。今までやってきたことの目標を100%にしないで   
 70%下げて、何のために生きているかとっ問われるが、あの若いときに馬鹿なことをしな   
 かったら良かった。目標が若いときは大きすぎる出世、家族円満、親類、頼まれ判を押す 
 のには気を付けよう。多くの家が判で失敗している。
ーーー判を頼まれるという事はその人に「ゆとり」があると思われてしまうのか?確かに判
 をついたばかりに店が倒産したなどという話はよく聞くことです。中には昔の話ですが、保
 証人になって判を押したばかりに借金の取り立てに困って自殺をしてその穴埋めをしたな
 どという話を聴いたことがあります。
・ゆとりがないとやさしくなれない。カッとせずにゆとりの生活がしたい。自分勝手になってい  
 る気がする。歳のせいか。
・頑固爺はあるが頑固婆はない。
・明治人間は頑固だ。
・戦後世代では教育が変わった。
・若者言葉で「いっぱい、いっぱい」というのがあって、その先を乗り越えるとゆとりになるの
 ではないか。
・目一杯やってそれ以上やる(若いとは)でも年を取ると「この辺でやめとくか」が当たり前に
 なる。朝は11時まで寝ている。
・若いときは時代の流れで余裕がなかった。今(定年後は)は休めるようになった。
。社会制度が改良された。
・いっぱい、いっぱい。
・登りきると、下がるのみ。
・自分の体を気を付けて家族だけは円満にする。自分のことをさておいて家族を大切にす
 る。
・世代の違い。食べることは気を付けよう。
・個人差がある。休み休み生きていく不安に思わない。
・肉体労働が減った。時間短縮が目標。今の労働の方がきつい。短時間で成果をあげない
 といけない方大変。
・大量採用、私的採用。シングルマザーの子たちはいろいろな仕事をしている。劣等処遇
 と言って最低の賃金で働かせる。
 ゆとり⇒さぼる 
・教員は45~50歳までは9~10時土日も休みはない。部活やらボランティアがあって時間
 が曖昧で仕事は週休もない。9時~5時それから部活がある。野球部の顧問などは大変  
 だ。ゆとりがあったらバッシングされる。
 その点アメリカはゆとりがある。仕事はやる。遊びもやる。日本は戦後の生活を辞めな
 い。趣味もない。24時間営業している。ヨーロッパでは土日は休んでいる。
 自営はさぼる。今は若い人は逆でまじめに仕事はやっている。公務員は減らしている。
 正規50%臨時50%。ゆとり教育は定員40人→20人。
・今の政治家は人を人と思っていない。ギリギリの人類。
・教育の予算は変わらない。エリート教育。
・介護保険が増える。若い人が支払えないから税金が入らない。
・ボランティアは余裕があるからやるのではなくてやる人はやる。
・年間の寄付金額は日本300円アメリカ2万円。ボランティアをやれば学生に都合がよい
・割り切ったボランティアになっている。
・グローバル化が時代の変化を抜きに考えられない。戦後、石油資源がない日本。農業が
 工業に変わった。近代化の波の中で生きてゆかねばならない。
・国の借金をどうするか?
・0金利(国債)
・今から10年は安泰だが将来は心配だ。
・20万円のねんきんでやっているのに国の借金は先延ばし。その場しのぎ。
・ポピュリズム(大衆に迎合しようとする態度)政治家が劣化している。
 財源問題で相続税にとられる。
・今の子は受験に偏っている。幅広い教養がない。
・しかし運動能力は昔より優れている。
・志のあるものが立候補できる仕組みを作ればよい。
・子供時代に無色透明に過ごさせている。
 一人前になるには30歳くらいいなる。
・日本ではエリートが育たない。
・英国ではエリートが育つ。
・秋田にある教育機関では全部英語で授業をする。
・江戸時代に文化の華が咲いた。
・小中一貫校は受験勉強はしなくてもよい。
・モラルを持った人間に育てるにはどうしたらよいか。
・そんなにガツガツやっても
・世間知らずの人が多くなる。
・国会議員はおかしい人がやる。
・苦しい経験がゆとりになっている。
・苦労しないといけないというのもおかしい。
・顔が悪いほどの人間が枯れてよくなった。大人になっても変われる。
・問題行動をする生徒の理解をする。荒れている生徒はダメだ。
 
ーーー時間が少々オーバーしてしまいました。今回は愛知の方も参加されて対話がはずみました。集中してこれだけ対話ができるのはとてもいいことですね。それにしても「話し言葉」と後で書き起こす文章ではかなり違った表現になります。読者にわかるように書くのは難しい作業になります。相変わらずの稚拙な文章で申し訳ないです。
 
文責 志田 米蔵
 
<お知らせ> 愛知の山方さんのFacebookに井戸端人生カフェが紹介されましたのでご案内します。philosophy愛知 で検索してみてください。8月25日に掲載です。  
 
<アンケート.>
 
・しまちゃん→満足度 満足
        発言のしやすさ しやすかった
 
本日の感想
 
 「ゆとり」テーマ、区分別けに乏しく、迷走気味。
 例えば(ゆとりといえば)まず教育、仕事、生活(多岐に渡ります)
 学校のエスカレーターについて、ゆとりが理解できたが、(小中一貫校)倫理が必要。
 
・山方→満足度 どちらでもない
     発言のしやすさ 普通
 
     どこで井戸端人生カフェを知りましたか 三重県立看護大学の哲学カフェ
     参加理由 哲学カフェがすきですので
 
本日の感想
 
 年配の方のお話は参考になりました。体力、心身の機能の低下とゆとりの関係について
 よく考えたい。
 
・クスッコ→満足度 満足
       発言のしやすさ しやすかった
 
       参加理由 ホームページを見て申し込みました。それと配架資料で知った。
 
希望のテーマ 家族とは?
 
本日の感想
 ゆとりについて語り合ったが、各々置かれた立場によって考え方が違う。生活していく上
 で幸せ感が抱ければ、精神的にゆとりが生じるのではないだろうかと思います。
 ゆとりは経済的に、また健康的に余裕が生ずれば、ゆとり感が生まれのものと思います。
 今日の議論は幅広く語り合えて大変良かった。
 
・ふみちゃん→ 満足度 満足
 
本日の感想
 
 女性の参加がないのがさみしいな。ゆとりって何?個人的な考え方しかできなかったが
 いろんな考え方が聞けて良かったが、今が良ければとにかく「ゆとり」ある、なしと決めて
 しまっている自分。難しい話だったな~。
 
・トモちゃん→満足度 かなり満足
 
         発言のしやすさ 普通
 
本日の感想
 
 山方さんが入って、私自身は、新しい刺激を受けました。
 
・かず→満足度 かなり満足
 
     発言のしやすさ しやすかった
 
本日の感想
 
 良い話でしたが何とかみんながうまくいくようお願いするだけ。
 
文責 志田 米蔵
 
 
 
 
 
 

2017年3月28日 (火)

哲学カフェ 6月28日㈬のテーマ「聞くとは何か?」

Img_20170328_6293a

Dscn7534_22946a

チラシ出来!

6月28日㈬参加申込書☛「629.3.27.pdf」をダウンロード

Dscn7896_22951s

明鏡国語辞典より

聞く・聴く→音・声を耳で感じとる。

「聞」は広く一般に使う

「聴」は注意深く耳を傾ける意で使われるが謹聴する様子が明らかな場合(耳を澄まして

聞く・いいかよく聞け)や使役の場合(ご意見をお聞かせください)などふぁはむしろ「聞」一

般的。

コメント⇒志田 米蔵

対話された内容報告

・おしゃべりの方が楽です。聞く方が難しい

・そんなことを言ったらだめだよとつい否定語を言ってしまう。

・人の話を聞く余裕がなくなっていているが、音楽はよく聞く。

・最近の音楽はテンポが速くて聞けないことが多い。

・スポーツで発散している。ストレスがない。

・レストランへ行っても女性はよくしゃべる。

・男は決着をつけなけれbならない。

・ラインを引いている(腹が立つことに対して)

・極限状態(例えば生死の境)なったときそばに聞いてくれる人がいるとありがたい。

・聞くという事は知ること

・カウンセリングとは相手に答えを出すように導いていく。

・全く話さない人の話を聴くのは大変むつかしい。にらみ合いが何分も続く状態はつらい。

・懺悔⇒罪を悔い改める。

・男はストレスを」ためています。

・「いとまごい」人生最後になると昔親しかった人に話したくなるようだ。よく電話がかかって

 きて昔話に花が咲くが一年も経つと亡くなっていることがある。

・何もないのが良い便りですね。

・聞く耳持たぬ頑固おやじ。

・人の話を素直に聞ける人はそれだけ人徳があると言える。そんな人は家庭内がきっとうま  

 くいく。

・寛容力と抱擁力

・愛情があればよい。

・空耳・・・。

・男と女では違う、お互いに助け合った裏づけがあるから。

・キャッチボールだ。聞く、しゃべる人がいて価値観レベルが共通項が必要。

・講演会には出ない。

・ブログなどで自慢をして自分の存在感を確かめたいという人もいる。

・現代は孤独できちんと人としゃべる機会がない。

・手紙を書いている(手書きで)はがきに心が添えられるようだ。

・手紙を書くようにしている。

・傾聴サークルはかなりな人がやっている、例えば看護婦長をしていたとか

 愚痴を聞く、相手の気持ちを察して聞く。

 聞くは難しい。

・聞く方にゆとりがないと本当の話は聞けない。

・昔話を思い出して

・親父の友だちとのおしゃべりを傍で聞いていて(私が子供の頃)同じ話の繰り返ししてい  

 る。

 共有したい 同じ経験があるから話がいつまでたっても飽きない。

 例えば「風呂の水を飲んだな~」「そ~だったな~」

・戦争の事は上から口止めされているから話さない、終戦後になっても警察官が調べに  

 やってきた。

・傾聴で2時間だんまりの人がいたが、また後日リクエストが入って「あの人が良いので

 もう一度来てくれ」と頼まれた。

・ポジティブに過ごす。

・人に聞いてほしい。信頼がないと本当の事はしゃべれない。

・人から信頼されていないと・・・

 老舗は婿養子の方がうまくいっている。息子に跡を継がせるとたいがいは閉店に

 追い込まれている。

・日本語は難しい。

・英語はストレートに言う。

・がんの告知は言わない方が良いのかな?

・しゃべるより聞く方が難しい。

・音楽をやるが、酒はやらない。たばこもやらない。なので友は疎遠になる。

・最近一番街が寂しくなったよ。

・中町、北町、と歓楽街が時代と共に変わっていった。今は諏訪になっている。

文責 志田 米蔵

アンケートより

・人は孤独な生き物。誰かと話したい。聞くことは自分が成長するという意見が

 収穫かな

・聞くことについて専門以外の処方箋がなかった。聞く力とは愛なのか?

聞くとは何?「62829.8.22.pdf」をダウンロード

2017年2月24日 (金)

哲学カフェ 第3回 2月のテーマ 「成長とは何か?」開催報告

Dscn700729222a
 
Dscn700029222a
 
Dscn6995293222a
 
アンケート結果
 
■つきちゃん
・満足度  満足
・発言のしやすさ しやすかった
・何処で井戸端人生カフェを知りましたか なやプラザ
・参加理由 いろんな人と1つのテーマのもと話をしてみたかった
 
・本日の感想
 亡き父と同じ年の人と話ができるとは思ってなかったので、嬉しかった。
  人の悪口や噂話をするのではなくテーマに沿って話ができて楽しかった。
 情けは人の為ならず→いい言葉ですね。
 今の体調を維持するのに毎日何をするか?→1日1日大切にしたいです。
 
■みやちゃん
・満足度 かなり満足
・発言のしやすさ しやすかった
・どこで井戸端人生カフェを知りましたか? なやプラザ
・参加理由 出会いを求めて・・・
 
・本日の感想
 成長 私は生きさせてもらっている間(日々)勉強だと思います。
  沢山の方と出会って、自分を磨きたいと思います。
 
■かず
・満足度 かなり満足
・発言のしやすさ しやすかった
本日の感想
 皆さん体に気を付けて次また会いませう
 
■しまちゃん
満足度 かなり満足
発言のしやすさ しやすかった
 
本日の感想
 幸福、友、成長、みなつながるテーマであった。
 かずさん曰く 「足るを知る」↼けだし名言!
 
■対話された内容の報告します。
 
・30にして立つ 40にして惑わず 
・人に従って生きる
・民主主義をたたき込まれた 平等意識
・成長の基本は家庭にある 相手のことを推し量れば平和に送れる
・子供によって成長できた 子どもの小学校時代の先生によるいじめもあった
 高校は1日だけ休んだだけで卒業した
・女の子は女の先生でなければね
・近所でひこもりが見られる
・医学部をでて医師免許を取ったが親元に帰ってきて引きこもっている
・足を引っ張る先生がいるそれは成長を止めることになる
・学問だけで評価している
・人間的なはかけている
・学校では偏差値、点数のみが判断基準になっている 現在の会社ではフリートーキングを
 させてコミュニケーション能力を向上させて、人間的な評価を見るようにしている
・子供の成長が当たり前
・受験の時先生の都合で大学が決められている
・上を目指しておけばいつでも下げられる
・あまり世話を焼くのはよくない
・空爆で先頭の集団はとっさの判断ができて弾を避けることができるがその後からの兵は
 追従するのみ(考えない)で結果、戦闘機の機銃掃射にやられてしまう
・会社に体力がなくなってきているのでので終身雇用ができない自分で自分の処し方を判    
 断しる能力が欲しい
・個性が認められない風潮がある
・成長の限界 1970年代
・人間に宗教は必要か?
・平均して平和に送れている
・日本だけがいい子になれない時代
・認知症の人が救急車をむやみに呼ぶ
・高齢者に病気にならないような対策を取ってほしい
・家族で固めねば
・家族の在り方 お墓じまい 相手の縁切り 檀家制度
・しくじり先生のゲストがホリエモン
・民事裁判の弁護士の話 どん底から這い上がってくる人の共通点 人に尽くす結果
 自分のためになる 情けは人の為ならず
・正しい気持ちを持っている人間が成長する 落ちたときに助けてくれる
・誠実 裏切らないこと
・嘘も方便 相手にとっていいことをするのが成長につながる
・1日は長く1年は短い
・人間は欲張り
・目覚めて朝起きるとお日様が見える
・塩分を減らして脂肪を少なくカロリーも少なく有酸素運動を考えている散歩の後は血の
 巡りが良くなる
・健康が無かったら成長はない
・60を過ぎると先が見える
・欲を抑えて体調を維持していく
・ストレスはない
・体力とお金を考えて最善を尽くす
 
今回は6名の参加でしたが、とにかくよく全員がしゃべりました。特に印象に残ったのが
健康がなければ成長がないでした。何事にも健康が大事かなと思います。時間の経つ
のも忘れるカフェでした。
 
文 志田 米蔵
記録 「222.pdf」をダウンロード  文 嶋本 重則
 
 
 
 

2017年2月21日 (火)

2月のご案内

Dscn2622_28224

                     侘助椿

平成29年2月22日㈬13:30~15:30 四日市市本町 四日市市男女参画センター3階

企画室にて開催  テーマ「成長とは何か?」

2017年2月18日 (土)

4月のチラシが出来ました。

29217a

4月のチラシですダウンロード「井戸端人生カフェ」→「429.2.14白黒.pdf」をダウンロード

2017年2月16日 (木)

子どもの頃から哲学者

Dscn6965_229216a

«哲学カフェ 4月26日㈬のテーマ「余生とは何か?」

無料ブログはココログ

最近のコメント

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック