2017年8月 7日 (月)

10月25日㈬のテーマ「図書館とは何か?」

Img_20170807_201710_2

8月23日㈬のテーマ「ゆとりって何?」

Img_20170807_8
申込書のダウンロード「829.8.7.pdf」をダウンロード
 
Dscn9347_229811a
チラシ出来!
 
Dscn9319_22987
テーマ「ゆとりって何?」

2017年3月28日 (火)

6月28日㈬のテーマ「聞くとは何か?」

Img_20170328_6293a

Dscn7534_22946a

チラシ出来!

6月28日㈬参加申込書☛「629.3.27.pdf」をダウンロード

Dscn7896_22951s

明鏡国語辞典より

聞く・聴く→音・声を耳で感じとる。

「聞」は広く一般に使う

「聴」は注意深く耳を傾ける意で使われるが謹聴する様子が明らかな場合(耳を澄まして

聞く・いいかよく聞け)や使役の場合(ご意見をお聞かせください)などふぁはむしろ「聞」一

般的。

対話された内容報告

・おしゃべりの方が楽です。聞く方が難しい

・そんなことを言ったらだめだよとつい否定語を言ってしまう。

・人の話を聞く余裕がなくなっていているが、音楽はよく聞く。

・最近の音楽はテンポが速くて聞けないことが多い。

・スポーツで発散している。ストレスがない。

・レストランへ行っても女性はよくしゃべる。

・男は決着をつけなけれbならない。

・ラインを引いている(腹が立つことに対して)

・極限状態(例えば生死の境)なったときそばに聞いてくれる人がいるとありがたい。

・聞くという事は知ること

・カウンセリングとは相手に答えを出すように導いていく。

・全く話さない人の話を聴くのは大変むつかしい。にらみ合いが何分も続く状態はつらい。

・懺悔⇒罪を悔い改める。

・男はストレスを」ためています。

・「いとまごい」人生最後になると昔親しかった人に話したくなるようだ。よく電話がかかって

 きて昔話に花が咲くが一年も経つと亡くなっていることがある。

・何もないのが良い便りですね。

・聞く耳持たぬ頑固おやじ。

・人の話を素直に聞ける人はそれだけ人徳があると言える。そんな人は家庭内がきっとうま  

 くいく。

・寛容力と抱擁力

・愛情があればよい。

・空耳・・・。

・男と女では違う、お互いに助け合った裏づけがあるから。

・キャッチボールだ。聞く、しゃべる人がいて価値観レベルが共通項が必要。

・講演会には出ない。

・ブログなどで自慢をして自分の存在感を確かめたいという人もいる。

・現代は孤独できちんと人としゃべる機会がない。

・手紙を書いている(手書きで)はがきに心が添えられるようだ。

・手紙を書くようにしている。

・傾聴サークルはかなりな人がやっている、例えば看護婦長をしていたとか

 愚痴を聞く、相手の気持ちを察して聞く。

 聞くは難しい。

・聞く方にゆとりがないと本当の話は聞けない。

・昔話を思い出して

・親父の友だちとのおしゃべりを傍で聞いていて(私が子供の頃)同じ話の繰り返ししてい  

 る。

 共有したい 同じ経験があるから話がいつまでたっても飽きない。

 例えば「風呂の水を飲んだな~」「そ~だったな~」

・戦争の事は上から口止めされているから話さない、終戦後になっても警察官が調べに  

 やってきた。

・傾聴で2時間だんまりの人がいたが、また後日リクエストが入って「あの人が良いので

 もう一度来てくれ」と頼まれた。

・ポジティブに過ごす。

・人に聞いてほしい。信頼がないと本当の事はしゃべれない。

・人から信頼されていないと・・・

 老舗は婿養子の方がうまくいっている。息子に跡を継がせるとたいがいは閉店に

 追い込まれている。

・日本語は難しい。

・英語はストレートに言う。

・がんの告知は言わない方が良いのかな?

・しゃべるより聞く方が難しい。

・音楽をやるが、酒はやらない。たばこもやらない。なので友は疎遠になる。

・最近一番街が寂しくなったよ。

・中町、北町、と歓楽街が時代と共に変わっていった。今は諏訪になっている。

文責 志田 米蔵

アンケートより

・人は孤独な生き物。誰かと話したい。聞くことは自分が成長するという意見が

 収穫かな

・聞くことについて専門以外の処方箋がなかった。聞く力とは愛なのか?

2017年2月24日 (金)

第3回 2月のテーマ 「成長とは何か?」開催報告

Dscn700729222a
 
Dscn700029222a
 
Dscn6995293222a
 
アンケート結果
 
■つきちゃん
・満足度  満足
・発言のしやすさ しやすかった
・何処で井戸端人生カフェを知りましたか なやプラザ
・参加理由 いろんな人と1つのテーマのもと話をしてみたかった
 
・本日の感想
 亡き父と同じ年の人と話ができるとは思ってなかったので、嬉しかった。
  人の悪口や噂話をするのではなくテーマに沿って話ができて楽しかった。
 情けは人の為ならず→いい言葉ですね。
 今の体調を維持するのに毎日何をするか?→1日1日大切にしたいです。
 
■みやちゃん
・満足度 かなり満足
・発言のしやすさ しやすかった
・どこで井戸端人生カフェを知りましたか? なやプラザ
・参加理由 出会いを求めて・・・
 
・本日の感想
 成長 私は生きさせてもらっている間(日々)勉強だと思います。
  沢山の方と出会って、自分を磨きたいと思います。
 
■かず
・満足度 かなり満足
・発言のしやすさ しやすかった
本日の感想
 皆さん体に気を付けて次また会いませう
 
■しまちゃん
満足度 かなり満足
発言のしやすさ しやすかった
 
本日の感想
 幸福、友、成長、みなつながるテーマであった。
 かずさん曰く 「足るを知る」↼けだし名言!
 
■対話された内容の報告します。
 
・30にして立つ 40にして惑わず 
・人に従って生きる
・民主主義をたたき込まれた 平等意識
・成長の基本は家庭にある 相手のことを推し量れば平和に送れる
・子供によって成長できた 子どもの小学校時代の先生によるいじめもあった
 高校は1日だけ休んだだけで卒業した
・女の子は女の先生でなければね
・近所でひこもりが見られる
・医学部をでて医師免許を取ったが親元に帰ってきて引きこもっている
・足を引っ張る先生がいるそれは成長を止めることになる
・学問だけで評価している
・人間的なはかけている
・学校では偏差値、点数のみが判断基準になっている 現在の会社ではフリートーキングを
 させてコミュニケーション能力を向上させて、人間的な評価を見るようにしている
・子供の成長が当たり前
・受験の時先生の都合で大学が決められている
・上を目指しておけばいつでも下げられる
・あまり世話を焼くのはよくない
・空爆で先頭の集団はとっさの判断ができて弾を避けることができるがその後からの兵は
 追従するのみ(考えない)で結果、戦闘機の機銃掃射にやられてしまう
・会社に体力がなくなってきているのでので終身雇用ができない自分で自分の処し方を判    
 断しる能力が欲しい
・個性が認められない風潮がある
・成長の限界 1970年代
・人間に宗教は必要か?
・平均して平和に送れている
・日本だけがいい子になれない時代
・認知症の人が救急車をむやみに呼ぶ
・高齢者に病気にならないような対策を取ってほしい
・家族で固めねば
・家族の在り方 お墓じまい 相手の縁切り 檀家制度
・しくじり先生のゲストがホリエモン
・民事裁判の弁護士の話 どん底から這い上がってくる人の共通点 人に尽くす結果
 自分のためになる 情けは人の為ならず
・正しい気持ちを持っている人間が成長する 落ちたときに助けてくれる
・誠実 裏切らないこと
・嘘も方便 相手にとっていいことをするのが成長につながる
・1日は長く1年は短い
・人間は欲張り
・目覚めて朝起きるとお日様が見える
・塩分を減らして脂肪を少なくカロリーも少なく有酸素運動を考えている散歩の後は血の
 巡りが良くなる
・健康が無かったら成長はない
・60を過ぎると先が見える
・欲を抑えて体調を維持していく
・ストレスはない
・体力とお金を考えて最善を尽くす
 
今回は6名の参加でしたが、とにかくよく全員がしゃべりました。特に印象に残ったのが
健康がなければ成長がないでした。何事にも健康が大事かなと思います。時間の経つ
のも忘れるカフェでした。
 
文 志田 米蔵
記録 「222.pdf」をダウンロード  文 嶋本 重則
 
 
 
 

2017年2月21日 (火)

2月のご案内

Dscn2622_28224

                     侘助椿

平成29年2月22日㈬13:30~15:30 四日市市本町 四日市市男女参画センター3階

企画室にて開催  テーマ「成長とは何か?」

2017年2月18日 (土)

4月のチラシが出来ました。

29217a

4月のチラシですダウンロード「井戸端人生カフェ」→「429.2.14白黒.pdf」をダウンロード

2017年2月16日 (木)

子どもの頃から哲学者

Dscn6965_229216a

4月26日㈬のテーマ「余生とは何か?」

Img_2017021629216_4

4月参加申込書☛「429.2.14白黒.pdf」をダウンロード

Dscn784729426s

Dscn784529426s

アンケート

・ともちゃん

 満足度 満足

 発言のしやすさ 普通

 自由記載

  全体にまとまった話し合いが若干不足した。

  もう少し全体で話がキャッチボールできるような雰囲気が欲しいか?

  1対1の話ではなくてチームとしての話ができるように。

★★★

・かず

 満足度 かなり満足

 発言のしやすさ しやすかった

自由記載

 難しい問題ですが、自分のできる限り努力して天命を待ちたい

★★★

・ふみちゃん

 満足度 かなり満足

 発言のしやすさ しやすかった

参加理由 聞く事、おしゃべりする事大好きです。その中でのルールがある事に魅力を感じ

 ました。とても興味があり参加しました。

自由記載

 年齢の違いから来るズレを強く感じながらも年を重ねた方々のご意見とルールに守られ 

 たお蔭で楽しくあっという間に時間が過ぎました。この様な機会は初めての経験です。

 又、次回も参加してみようと思います。ありがとうございました。

★★★

・しまちゃん

 満足度 どちらでもない

 発言のしやすさ しにくかった

自由記載

 ひろちゃんの一人舞台? テーマから外れる

★★★

・ひろさん

 満足度 満足

 発言のしやすさ しやすかった

 どこで人生カフェを知りましたか なやプラザ

 参加理由 ストレス発散

希望のテーマ 地域共生

自由記載

 ありがとうございました 好きなことを言えて帰れそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「余生とは何か?」 発言内容

 ・余生はいけない表現である。人生に余りはない 息を抜くと大変なことになる。

  テーマが「老いとは何か?」の方が良い。90歳まで生きるには根性がないと生きられな    

  い。

 ・政府も介護も手いっぱいで高齢者が増える一方。自分の身は自分で守る。そして金を

  残す。健康寿命を延ばすことに努める。「食べること」「動くこと」「休みを取ること」結果  

  「ピンピンコロリ」で元気になる自分の体。

・70代、80代動きはゆっくりに、でも口だけは達者です。私はどうやって過ごそうかと考えて  

  います。

・今日一日を考える。5年、10年先を考えないことだ。それには自制心が必要です。

・福祉施設に勤めていた。

・今日ようがない。今日行くところがない。65歳で定年になって気づく。

・5時に起きる。ほどほどの仕事と休みが良い。適度な緊張感が良い。

・65歳は体調が変わるときなので、予防する。検査を受ける。できれば昭和30年代の食生   

 活をしなさい。

・好きなことをやること。

・夫婦には距離感が必要だ。

・夫婦は合わないのが普通だ。因縁なのだ。もしおらんようになったら思い出す。能力を試  

 してからできるだけのことをして。

・こうあるべきだと考えないとリーダーは務まらない。生き方をどういう風に見つけるか、き

 ちっとした生き方をしたい。

・自分のことは二の次にする。

・ありがたいことにまったく今まで病気をしなかったので・・(カーブスに通っている)

・相手にストレスを与えないように。

・考え方をポジティブに考える。

・ミヤンマージンが介護にやってくる。数年後外国からの移民が認められるか?

・医療に金がかかりすぎるので、私は尊厳死協会に入っている。

・老人は大事にされている。

・昔は若い人の為に姨捨山に自らいった。

・年金があるから引きこもれる。

・転勤が多い。

・70歳まで働くか?支える人が少なくなっている。

・3人に1人は老人になっている。今の時代のようではやがて崩壊するだろう。

・5,6万円の年金で生活している。周りが落ちてくると年金もなくなる。

 地域 お金 援助

・自分の売り上げで事業につぎ込む。

・今は贅沢だ。昔は日雇いでもなんとか食べていけた。

・昔どこかに勤めて掛け金を払っていたので今、年金をいただける。結婚をして、子供を

 育てて、家を建てて青写真が考えられたが、今はその計画が立てられない時代だ。

 

文 志田 米蔵

 

 

 

2017年2月 7日 (火)

津で哲学カフェ開催

Img_20170131_0001_2
哲学カフェ
2017年3月7日㈫
17:00~19:00
アスト津 4階 アストプラザ和室
早川 正祐 (三重県立看護大学 教員)
今回は「話すってどういうこと?」
 
 

2017年1月 3日 (火)

明けましておめでとうございます。

2911a
 
Dscn6678_22912a
 
皆さま明けましておめでとうございます。
 
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年のお正月は天気も大変穏やかですがすがしい
気分で過ごせました。
例によって本屋の立ち読みで何気なく手に取ったのが
0から1を生む思考法という(中尾政之著)本を見ていたら
その中で↑の「りんごかもしれない」という絵本を
紹介していました。なので絵本売り場を探して見つけたのが
↑です。リンゴ一つでも話がどんどん広がっていき
とても哲学的なお話です。いわゆる固定観念にとらわれて
いたら何にもできないそんなお話です。
本の中の本を買ったという変な気分のお正月の出来事でした。
文 志田 米蔵

«2月のチラシ出来!

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

てつがくカフェ@ふくしま

philosophy愛知